読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独自の視点で歴史を俯瞰する

世界史/地政学

 渡辺昇一氏の日本史を読んでいる。

[増補]決定版・日本史 (扶桑社文庫)

[増補]決定版・日本史 (扶桑社文庫)

 

 渡辺氏独自の視点から日本史を俯瞰して、国体(その国あり方、その国の体質、

インスティチュート)というものの変化点について述べている。

 

渡辺氏がいうに、日本の国体の変化は以下の5つとのこと。

 

■第一回

第31代用明天皇の仏教改革

 

■第二回

源頼朝鎌倉幕府を開いたこと。宮廷と関係なく天下を武力で征服し、守護・地頭を置いた。政治原理の根本的変化

 

■第三回

北条泰時が、後鳥羽上皇順徳天皇土御門上皇を島流しにした承久の乱

皇位継承武家が幕府が管理するようになる。宮廷の位でいえば、うんと低い武家の棟梁が皇位継承を決めていくことになった。これはある意味、主権在民

 

■第四回

明治憲法の発布

 

■第五回

敗戦による占領憲法の制定

 

人に文化や歴史の流れを、原因・ポイントを押さえて説明できる教養がほしい。

歴史をしれば、人間を知れる。