読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に読んで面白かった本

読書

 

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)

 

 ロシアの強制収容所での一日を描いた作品。作者の実体験が元になっている。

主人公は過酷で理不尽な収容所での生活にも、小さな幸せ・楽しみを見出し

一日一日を前向きに生きている。

人生を前向き生きるヒントを与えてくれる作品

 

 

 

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

 

 隠蔽捜査の5冊目。

主人公の竜崎は周りの目や組織の慣例などに配慮せず、

警察としての使命、原理・原則を元に論理的に判断を下し、

関係する官僚組織や他の警察機構と駆け引きを実施し

結果を出していく。

組織の権威主義をうまく利用し、組織間の駆け引きを巧みに行う姿が面白い

 

 

 

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

 

 「新世界より」「悪の教典」などの貴志祐介の青春小説。

主人公の秀一は母と妹を守るため、完全犯罪を計画する。

完全犯罪を実行するまで、実行後の警察との取り調べの一つ一つの積み重ね、

ロードバイクの疾走感と鎌倉の景色、淡い恋愛など

いろんな要素を含んだ小説で一気に楽しめる小説。

ただ、ラストは誰も救われない、只々切ない終わりかたなので

ハッピーエンドで楽しい気分を味わいたい人にはおすすめできない。